» 究極のハーブ

カテゴリー別アーカイブ: 究極のハーブ

スパイスハーブとは?

ハーブの種類を分類していくと、スパイスとして使用することができるものがあることがわかります
スパイスというとインパクトのあるものが思い浮かぶかもしれませんが、そのようなものがもつインパクトこそハーブの効果の一種ということができるでしょう
料理などに用いられているものが多くあり、シナモン、ナツメグ、クローブといったものもこれらに含まれているようです

続きはこちら »

イヤーエステのコース

普段ではなかなか手入れをすることができない部分まで掃除をすることができるのが、イヤーエステの特徴です。このイヤーエステではイヤースコープなどを使って、耳の中の様子をモニターに映し出します。そして、エステティシャンの方と自分自身でも耳の中を確認しつつ、ケアを行っていくことになります。
サロンによっても違いはあるのですが、使っていく耳掻きも、その人の状態や耳垢の状態などを鑑みながら、使用をするものを選んでいくことになります。

続きはこちら »

ハーブの種類

世界でハーブは楽しまれているもので、実はかなりの種類のものがあると言われています
ある分類では3000以上、もしくは5000以上とも言われていますので、それらのハーブの種類を永遠に楽しんでいくこともできるのではないでしょうか
もちろん数を算定できないほど数がかるので、それらの種類や分類というものも今後広がっていくことでしょう

続きはこちら »

エステの分類目的別

エステの種類はどのようなものがあるでしょうか。簡単に分類をしただけでも、次のようなものがあります。
・痩身・ダイエットエステ。これは肌の引き締めやダイエットを行うものです。
・ボディエステ。主に体全体の肌を綺麗にするためのエステです。
・脱毛エステ。全身脱毛をしたり、脇などの気になるところの無駄毛処理ができるエステです。

続きはこちら »

二種類のハーブ

ハーブを分類するための大きな考え方のひとつは、用い方による分類というものがあります
ひとつは楽しむものとして、もう一つは身体に効果のあるものとしてという大きな分類です
簡単に説明すると、楽しむというのはリラックスなどの精神的効果を狙うことが多いので、ハーブティやハーブサラダといったものが代表的なものかもしれません

続きはこちら »

エステをしたらセルフケアも

バランスのよい食事をとることが、美肌のケアのためには基本になることです。ミネラル、たんぱく質を取ることは、肌を紫外線に強くするためにはとても大事なことです。
バランスの良い食生活を続けていることで、血液もさらさらにすることができます。血行がよくなると、肌も良い状態を保つことができるのです。にんじん、ほうれんそうなど、βカロチンを含んでいるこういった緑黄色野菜も積極的に摂取していきます。βカロチンは、活性酸素を消去してビタミンAを生成します。しわや肌荒れの防止などに、高い効果を発揮してくれるのです。

続きはこちら »

フレッシュハーブとドライハーブ

ハーブの状態で分類する方法としてフレッシュであるものとドライであるものという分類があるようです
これは生の状態かどうかが関係していますが、実は効果や食感という点でも大きな差があると言われています
フレッシュハーブは新鮮ということに重きが置かれていますの、自然に近い形でその効果や味や香りを楽しむことができるでしょう
逆に季節に左右されることや、アクが出やすいという問題を抱えていますので、上手に調理や使用をすることが必要になるようです

続きはこちら »

デコルテと首のケアのメリット

ケアを怠りがちになってしまう部分が、例えば首や、首筋から胸元にかけての部分であるデコルテといわれる部分です。こういったところは年齢が出やすい場所でもありますので、顔と同じように毎日の化粧水や乳液などでケアをしていく必要があります。

続きはこちら »

3つの使用方法

ハーブには様々な効果があることが知られています
● 薬用
ハーブの薬用効果を狙うのであれば、ある程度強い効果を持つものを選ぶことができるでしょう
その中には病気自体の予防につながるものだけでなく、美容、ストレス軽減、疲労回復、若返り、活性化などいくつもの効果があるようです
それぞれのハーブによって薬用効果が異なっていますので、自分の必要なものを選び活用していけるでしょう
● 視覚
ハーブは数千種類の種類があるものとなっていますので、見るだけでも癒されるものがあります
ハーブティーとしても、飲むだけでなくハーブから出てきている色を楽しむことができますし、植物となっているものでも、見て癒されることでしょう
視覚から入る情報は、わたしたちの情報の多くを占めるとも言われていますので、視覚から癒されるというのは大変効果のあるものといえます
● 香り
ハーブは香りの強いものが多いので、いくつもの香りを楽しむことができるでしょう
ハーブ自体を楽しむこともできますし、ハーブから抽出されたエキスをアロマオイルとして用いることもできるでしょう
最近では部屋で簡単に焚くこともできるようになっていますし、加湿器やお風呂に入れて楽しむこともできます
ハーブの良い香りを充満させることで、身体全体を香りに包み込みリラックス効果を得ることができるでしょう
さらに防虫や染色としても用いることができるといわれています

下地もファンデもUVカットが効果的

夏場の日焼け、紫外線対策の方法として特に必要になるのが、日焼け止めと並んでUV化粧品ではないでしょうか。最近ではメイクの下地にしたり、ファンデーション、フェイスパウダーなどにもUVカットのアイテムが販売されるようになってきています。これを日焼け止めと同じように併用することによって、紫外線対策の層をつくることができます。これをつけたままの状態では効果も半減してしまうことになりますので、まめに化粧直しをすることも大事ですね。

続きはこちら »