» 究極のハーブ

カテゴリー別アーカイブ: 究極のハーブ

フレッシュハーブとドライハーブ

ハーブの状態で分類する方法としてフレッシュであるものとドライであるものという分類があるようです
これは生の状態かどうかが関係していますが、実は効果や食感という点でも大きな差があると言われています
フレッシュハーブは新鮮ということに重きが置かれていますの、自然に近い形でその効果や味や香りを楽しむことができるでしょう
逆に季節に左右されることや、アクが出やすいという問題を抱えていますので、上手に調理や使用をすることが必要になるようです

続きはこちら »

デコルテと首のケアのメリット

ケアを怠りがちになってしまう部分が、例えば首や、首筋から胸元にかけての部分であるデコルテといわれる部分です。こういったところは年齢が出やすい場所でもありますので、顔と同じように毎日の化粧水や乳液などでケアをしていく必要があります。

続きはこちら »

3つの使用方法

ハーブには様々な効果があることが知られています
● 薬用
ハーブの薬用効果を狙うのであれば、ある程度強い効果を持つものを選ぶことができるでしょう
その中には病気自体の予防につながるものだけでなく、美容、ストレス軽減、疲労回復、若返り、活性化などいくつもの効果があるようです
それぞれのハーブによって薬用効果が異なっていますので、自分の必要なものを選び活用していけるでしょう
● 視覚
ハーブは数千種類の種類があるものとなっていますので、見るだけでも癒されるものがあります
ハーブティーとしても、飲むだけでなくハーブから出てきている色を楽しむことができますし、植物となっているものでも、見て癒されることでしょう
視覚から入る情報は、わたしたちの情報の多くを占めるとも言われていますので、視覚から癒されるというのは大変効果のあるものといえます
● 香り
ハーブは香りの強いものが多いので、いくつもの香りを楽しむことができるでしょう
ハーブ自体を楽しむこともできますし、ハーブから抽出されたエキスをアロマオイルとして用いることもできるでしょう
最近では部屋で簡単に焚くこともできるようになっていますし、加湿器やお風呂に入れて楽しむこともできます
ハーブの良い香りを充満させることで、身体全体を香りに包み込みリラックス効果を得ることができるでしょう
さらに防虫や染色としても用いることができるといわれています

下地もファンデもUVカットが効果的

夏場の日焼け、紫外線対策の方法として特に必要になるのが、日焼け止めと並んでUV化粧品ではないでしょうか。最近ではメイクの下地にしたり、ファンデーション、フェイスパウダーなどにもUVカットのアイテムが販売されるようになってきています。これを日焼け止めと同じように併用することによって、紫外線対策の層をつくることができます。これをつけたままの状態では効果も半減してしまうことになりますので、まめに化粧直しをすることも大事ですね。

続きはこちら »

世界のハーブ

世界中で愛されているハーブですが、国によってどのように用いているかはかなり異なっているようです
日本においてはハーブという言葉は昔はありませんでしたが、香草という名前で実は用いられているものなのです
緑茶もハーブとして考えることができますので、実は身近なものといえるでしょう
世界でも料理に用いるものとしてではなく、医療用のものとしてハーブが用いられています
数十種類のハーブを知っていれば、いくつもの病気に対処できるとも言われていますので覚えておくと良いかもしれません
● ヨーロッパ種
ヨーロッパの地中海地域に広がっているタイプのハーブ
バジル、タイム、ミント、カモミールなどが含まれる
● 熱帯種
熱帯地域に広がっているタイプのハーブ
シナモン、レモングラス、ウコン、ステビアなどが含まれる
● アジア種
アジア地域に広がっているタイプのハーブ
ショウガ、月桂樹、サンショウ、コショウなどが含まれる

O脚改善によく効くポーズ

誰でも、モデルのような綺麗な脚には憧れるものかと思います。しかし、人によってコンプレックスというのは様々に違ってくるものです。脚の形も、それだけ人によって変わってくるのです。女性にとっての大きな悩みの原因となってしまうこともある、O脚についての改善策をここではご紹介してみたいと思います。
これは、五分間だけ経っていれば、それで効果を得られるというものです。
まず、壁に頭と背中を付けて、気をつけの姿勢を取ってください。

続きはこちら »

ハーブの効能

ハーブにはどのような効能があるのでしょうか?
ハーブは自然由来のものとして、自然が持つ多くの力を得られるものとして考えられています
ハーブはわたしたちの身体だけではなく、心や精神にも作用するものですので、自然のもつ癒しの効果を感じることができるでしょう
特にハーブのもつ効能としては、身体を良い状態に整えて行くというものに注目することができるでしょう
そうなることで、病気本体がなくなるというよりは、自己治癒能力が高まっていきどんどんと健康になろうと私たち自身の身体が動いて行くわけです
ハーブは西洋の薬のように強い効果で一瞬に効くということはないかもしれませんが、自然のエネルギーの蓄えられているものとして、じっくりと身体に効果をもたらしていくことでしょう
そのためストレスなどを多く感じている方にとっては、心からのリラックス、精神状態の解放ということにつながり、結果として健康な身体や精神状態になっていくのでしょう
自己治癒能力を高めていきたいのであれば、ハーブを活用して行く必要を感じられるのではないでしょうか

ガムは美容にも効く

ガムを噛むということは日常的な行動ですが、これは女性にとって美容につながる高い効果があるといわれています。
ガムを噛むことによって、若返りのホルモンといわれるパロチンというホルモンの分泌が行われます。これによって、全身の細胞分裂を活性化してくれるのです。パロチンは20代ごろから分泌が減少してしまうものであるために、ガムを噛むという日常的な行動から、それを促進できるのは嬉しいことですよね。

続きはこちら »

3つの効果

ハーブの効果を大きく分けると、下記の三つに分類できるでしょう
● リラックス
ハーブの香りなどは神経に働きかけ、特に脳神経に働くことによってリラックスや鎮静という効果をもたらすことになります
脳は身体全体の司令塔ですから、ここが解放されることによって、身体全体が良い影響を受けるようになります
● リフレッシュ
ハーブの香りやそれ以外の部分が、身体を強く維持することができるようです
そのようにして身体が活性化していくことで、細胞の活性化が行われ、新陳代謝が進み全体的にリフレッシュしていくことでしょう
身体だけでなく、心からもさっぱり感やリフレッシュを味わうことができるでしょう
● 新陳代謝
ハーブは血液循環、利尿作用などデトックス効果の高いものであるといわれています
そのようにして、身体の調子を悪くしている毒素が出て行くようになりますので、新陳代謝がよくなることが期待できるでしょう

マッサージで二の腕痩せ

二の腕のたるみ…なかなか落としずらいですよね。脂肪が蓄積されて起こってしまったたるみですから、老廃物が溜まってしまったというのも原因の一つとして挙げられます。
なので、溜まった老廃物はマッサージで促しましょう。効果的な方法は、身体が温まっているとき。身体が温まっているときのリンパマッサージは効果的です。脇にあるリンパに向かい肘側からマッサージするとリンパの流れを促せます。少々強めに押し流す感じがより良いです。お風呂の中などは体も温まっていることですし、ちょうど良いですね。すぐに効果が伺えるものではないので、根気良く継続的に実践してみて下さいね。