» フレッシュハーブとドライハーブ

フレッシュハーブとドライハーブ

ハーブの状態で分類する方法としてフレッシュであるものとドライであるものという分類があるようです
これは生の状態かどうかが関係していますが、実は効果や食感という点でも大きな差があると言われています
フレッシュハーブは新鮮ということに重きが置かれていますの、自然に近い形でその効果や味や香りを楽しむことができるでしょう
逆に季節に左右されることや、アクが出やすいという問題を抱えていますので、上手に調理や使用をすることが必要になるようです
ドライハーブは、乾燥状態で保存されていますので、いつでも使用することのできるものとなっています
香りなども凝縮されていますので、より香りを強く楽しむために求められるものです
特にハーブティーなどにする場合には、ドライタイプのほうが手軽に用いることができるとも言われていますので、特徴を理解しておきましょう