» スパイスハーブとは?

スパイスハーブとは?

ハーブの種類を分類していくと、スパイスとして使用することができるものがあることがわかります
スパイスというとインパクトのあるものが思い浮かぶかもしれませんが、そのようなものがもつインパクトこそハーブの効果の一種ということができるでしょう
料理などに用いられているものが多くあり、シナモン、ナツメグ、クローブといったものもこれらに含まれているようです
スパイスを使っている料理は、日本よりも海外に多く見られ、特に熱帯地方では原産地であることもあいまって多いと言えるでしょう
スパイスを使っている料理ですと、香りも味もインパクトがありますので、色々ないみでハーブとしても強いものといえるでしょう
ハーブとスパイスをまったく別のものとして扱っている、もしくは考えているような方も多いようですが、効果などを考えてみれば、どちらにも考えることのできるものといえるのではないでしょうか